健脚研究会

Trail runningと旅のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

UTMB2019冒険記9:UTMBの宿

UTMB滞在中の宿泊

 タイムよりも完走重視なランナーのUTMB2019冒険記です。

 

今回はUTMB期間中に滞在するシャモニーでの宿泊先について。

実は、このテーマに関するボクの情報は余り参考にならないかもしれない。いろんなUTMB体験談を読んでいると、宿がスタート地点の近くだったので直前まで部屋でゆっくりしてた〜 なんて投稿がよくある。どうしたらそんな宿を確保できるの?って感じ。誰か教えて~

1.いい宿泊を確保するためには?

UTMB2019の反省込めて思っていることです。。一般的なことばかりですが。

 ①宿探しを始めよう

  UTMB期間中は世界中から人が集まる。サポータ、家族、業界関係者など約2万人が訪れると言われている。1月初旬の抽選結果を待って予約してたんじゃ、良い宿は確保できない。早めに情報収集をして宿の目星をつけ、できれば見切り予約することを強くおすすめする。ホテルの検索予約は定番のbooking.comやExpediaが便利。

 ②宿泊費の予算は大目に

  観光地シャモニ、宿泊費は安くない。宿泊費の相場は1万5千円/泊ぐらいのようだ。スタート地点(シャモニ街中心)から離れるともちろん値段は下がる。また、観光シーズンの夏と冬は宿泊費が割高(個人的な印象)。シーズンオフの時だけじゃなく、UTMB期間中の宿状況もチェックして相場感などを把握してみてほしい。念のため、途中リタイアも想定して走っている間の宿はキープ。レース中の宿代も予算に見込むことを忘れずに。

 ③宿は数名でシェア 

  シャモニのホテルはグループ利用が前提。1人で泊まるつもりでも、ホテルだと日本のようなシングル部屋はなく、2人部屋(キングベッド1台またはシングルベッド2台)なんて部屋が多いようだ。費用負担を軽くするために、知り合いなどと部屋をシェアしたい。

UTMBグループサイトで部屋シェアの募集などもたまに出るので、見つけるのもありかもしれない。が、こればっかりは運次第なので、なんとか自分で都合をつけたいところ。

 写真はシャモニの街中

f:id:TMO2596:20200701052857j:plain

2.宿泊先はどうしたか?

今回、アパート1室を借りました。スタート地点から約1.5キロ、徒歩で約20分の立地。ちょっと歩くけど、モンブランの絶景を感じながら歩くのは楽しかった♪

 

目の前はモンブラン山脈 迫力がすごい

f:id:TMO2596:20200701052913j:plain

写真は一般民家。花を飾っているお宅は多い。上空にはパラグライダー。こんな風景を眺めていると、中心街までの時間もあっという間。

f:id:TMO2596:20200701053657j:plain

今回の滞在5泊中に借りていたアパート。

f:id:TMO2596:20200627211838p:plain

①予約はAirbnb(俗に言う民泊)

 運よく知り合いのラン仲間もUTMBに当選したので、部屋を2人でシェアした。

 ②外観は洋風、中は最新

 約100年前の建屋ながら部屋には最新の器具、セキュリティもしっかりしてて安心。費用は1部屋約2万円/日。

③1LDKの部屋

 2部屋が独立しているので、知り合いと2人でも、お互いのプライバシーを気にせず過ごせたのが良かった。

④部屋にはエアコンがない

 2019年8月上旬のパリは40度超えのニュースも見てたので、暑くないのか不安だったけど、湿度が低いこともあり全く心配なし。シャモニー の街が標高1000m位にあるのも涼しい理由なんでしょう。

 ⑤民泊のマイナス点も楽しんで

 とは言え、民泊に付きもののオーナーとの連絡、ルームキーの受取りなどはちょっと煩わしい。ホテルだとフロントで手続きが済むが、民泊ではそうはいかない。基本民泊のオーナーは気さくな人が多いから、何とかなる。これも冒険と割り切って楽しんだ。

  • 24時間出入り可か、鍵は2個用意できるかなどを予約前に確認。
  • 到着時刻の連絡、家の場所を地図チェック、待ち合わせ時間の調整など
  • Airbnbのシステム上、前払い50%が必要。キャンセルしても返金がない点は注意

3.まとめ

宿泊先を決めるのに、かなりのエネルギーと時間を使った。土地勘もないし、事前調査が足らず情報が全く不足していた。年末にお目当ての宿にフライングして予約を入れてたけど、年明けて既に満室と断られてからアタフタ。知り合いも当選したので、選定先の見直しが必要になったのも大きかった。。そうこうしている間に良さそうな宿はどんどん取られていく。1月中旬に宿を決めるまで焦ったなぁ~。まあ、旅行アレンジは嫌いじゃないので、なんとか乗り切れたって感じです。

 

個人でのアレンジが煩わしい人なんかは、時間とエネルギーの節約のために、UTMB参戦ツアーを利用するのも、選択肢の一つとしてありと思います。この手のツアーも抽選発表後は定員がすぐに埋まるみたいなので、判断はお早めに。

 

ともあれ、早めに宿の目星を付けて、トレーニングに集中する。これが大事です。

 

UTMB2019冒険記の目次

https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000

ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。