健脚研究会

Trail runningと旅のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

UTMB2019冒険記20:あとちょっとが遠いんです@Chamonix

UTMB2019エピソード⑥

タイムよりも完走重視なランナーのUTMB2019冒険記です。

UTMB 2019レース中で印象に残ったエピソードの紹介。今回は、最終エイドU16からシャモニの街へ入るまでを取り上げます。この区間、なかなかシャモニの街へ近づかなくて、とてもとても長く感じたんです。完走までもうちょっとだっと気も緩んでいたこともあり、精神的に辛い区間になりました。

まあ、シャモニの街に入ってからは約1キロの凱旋ロード、沿道からの声援・拍手がすべての苦しみを吹き飛ばしてくれるのですけどもね。

f:id:TMO2596:20200813162055p:plain

1.最終エイドからフィニッシュゲートまで

最終エイドU16のラ・フレジェール:La Flegere(地図⑪)から残り約8キロ、約800mを下れば、フィニッシュのシャモニの街(地図⑫)です。

f:id:TMO2596:20200815204103p:plain

f:id:TMO2596:20200815204026p:plain

2.あとちょっとが遠い

U16エイドのラ・フレジェールを出たのが13:42。制限時刻16:30まで約3時間で、残り距離約8キロの下り。完走を確信して気持ちに少しゆとりがでた。多くのランナーが歩いていたこの区間、足先やひざは痛いけども、なんとか走る。(リザルト見ると48人抜きだ、嬉しい。)

でも、なかなかシャモニの街へ辿りつかない。途中から同じ所をぐるぐる回っているような感覚だった。また、街中に入ってもゴールゲートが遠い。あの時の「あとちょっとなのに遠く感じた」理由、今回改めて地図を見るて、なんとなくわかった。

(1)シャモニの街にたどり着かない理由

理由は標高が下がらない区間が長かったからだと思う。地図を見ると、U16エイド地点の標高約1900mから標高約1400mまでは一気に標高を下げる。ずいぶん街に近くなってきた感があり、いよいよゴール近いと気持ちが高まる。でも、その後は約2キロで標高が約200mしか下がっていない。視界のない林道が続き、前半と同じような感覚でいるものだから、まだかぁまだかぁっと思って、精神的に辛い区間となったようだ。

地図リンクも参照下さい。Arp Vielle Superiore - Mapa - Mapcarta

f:id:TMO2596:20200813161617p:plain

(2)街中に入ってゴールゲートが遠い理由

理由はシャモニーの中心街をぐるぐる回っているからでした。街中をどう帰ってくるかなんて、今回初めて確認しましたよ。やけに長かったなぁとの疑問が解けて、ちょっとすっきりしています。

ちなみに下記地図の印から観衆が増えます。冒頭の写真の感じです。

地図リンクも参照下さい。:Google マップ

f:id:TMO2596:20200813160314p:plain

3.まとめ

U16最終エイドを過ぎても、あとちょっとが長い。これを頭に入れて、ゴールまでの道のりを余裕で楽しんで下さい!

感激のフィニッシュゲート 左端のスクリーンの映像がLive映像で流れたようです。

f:id:TMO2596:20200811103754p:plain

UTMB2019冒険記の目次 https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000

 

ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。