健脚研究会

Trail runningと旅が好きな人のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

ウエスタンステイツ100 ゴールデアワーの割合はどれくらいなのか?

6月末に開催されたWastern States 100(WS100)、2021年は、ジム・ウォルムズレイの3連覇が圧巻ですが、日本人の活躍も注目でした。

WS2021に参戦していた日本人は2名。お一人はタクジさん、日本から渡航され、見事に名誉のサブ24達成!もうお一人は、カリフォルニア州在住のクニさん。今年の完走者の最高年齢68歳。日本人活躍、いや嬉しい♪ そんな今年2021年のWS100に関連した話が聞ける、ポッドキャスト Off Trail Talk。話題にされている記事もちらほら見かけるので、聞かれてワクワクされた方も多いことでしょう。

 

さて、そんなWS100 。毎年6月4週目の週末、アメリカのカリフォルニア州の山域で開催される、100マイルレースの元祖。こんなことぐらいしか、WS100の事を知らないので、とりあえず、今年2021年のレース結果をチェックしてみました。

名誉のシルバーバックル(サブ24)や、修了1時間前のゴールデンアワーの時間帯にフィニッシュするランナーの割合、完走者の年齢構成など、紹介します。興味あれば見てください。

また、上で紹介した活躍した日本人のレース翌日の話が収録されたポッドキャストも最後に添付していま~す。

1.WS100の基本情報

距離100mail(161km)、累積標高差 約5,500m(上り5,360m 下り6,870m)

全般的には下り基調のワンウェイコース。山や深い渓谷を下っては登ることを繰り返す。谷底には熱気が溜り、気温40度を超えることもある。 

ITRAのFinisher Index(レース難易度)は480。制限時間が短いためだろうか、UTMBよりも数値は高い。

f:id:TMO2596:20210711095733p:plain

2.WS100の参加者数と完走率@2021年

 WS100の参加者枠は基本369人。大会HPによれば、特別に開催許可を受けた1984年の参加者数が由来だそうです。UTMBやUTMFに比べて極端に少ない。今年はコロナ禍の影響もあり、最終参加者は減少。参加者は年平均で調整するらしいので、来年2022は参加枠が増えるかもしれない。

f:id:TMO2596:20210711095750p:plain

 2021年の完走率は66%。過去10年のデータを見ると、今年は低い。気温も上がり、厳しいレースだった模様。

f:id:TMO2596:20210711095806p:plain

3.完走時間とランナー数 

 下記グラフは時間帯毎の完走者ランナー数。リザルトから手集計で作成。

  • 完走者の平均タイムは26時間20分
  • ゴールデンアワーのランナー割合は、約27%(予想以上に多くて嬉しい)
  • サブ24時間(銀色の完走賞バックル)をゲットしたランナー、約27%
  • 23時間台の男子が多い。名誉あるシルバーバックルへの執着を感じる
  • 17時間から22時間台の男女数がほぼ同じ。総合順位を見るとTop10の女性は3名ながら、Top20では9名が女性でした。女子レベル高いわ。
  • 3連覇したジム・ウォルムズレイ(Jim Walmsley)のタイム14時間台は飛び抜けている。

f:id:TMO2596:20210710162716p:plain

4.参加者の年代別データ

表4は、年代別の参加者数と完走率。UTMBで採用されている年齢クラスで、整理してみた。WS100とUTMBで、傾向はほぼ同じ。ただ、WS100では、50-69歳の割合が多いし、半数が完走。50歳を過ぎたものには、嬉しいデータ。2021年の最高齢は68歳。過去の完走最高齢は73歳。

f:id:TMO2596:20210711101827p:plain

5.ポッドキャスト Off Trail Talk 

南カリフォルニア在住のトレイルランナー2人が運営するポッドキャスト Off Trail Talk。エピソード#25と#26は、今年2021年のWS100に関連した話。WS100を走ったタクジさん、クニさん、でもご活躍の話は大変楽しく、元気がでました~♪

WS100のナマ情報満載で、聞いていて楽しい。3連覇したジム・ウォルムズレイよりも、ゴールデンアワーのランナーを、観客は楽しみにしているんだ~ なんて、完走狙いランナーには嬉しい話が盛りだくさん。ハプニングの裏話もお聞き逃しなく。

前半

note.com

後半

note.com

このOff Trail Talkの番組、#015もおススメ。今回登場しているクニさんの経歴・ラン歴が強烈で刺激的です。前半の「コヨーテ」レースの話も面白いけど、43分過ぎから始まるクニさんの武勇伝が最高ぉ~♪ なんでアメリカに住むことになったのか、アメリカ人奥様とのなれそめ、アメリカトレラン事情、などなど、興味深い話が盛りだくさん。開放的で素朴なアメリカのレース、いつか走ってみたい。人が苦しんだ話は面白い(笑)

 

note.com

そんなクニさんのおススメのレース「リオ」(たぶんRio Del Lago 100 Mile Endurance Run)Rio Del Lago | 100 Mile Endurance Run 今度調べてみよう。

自然が相手の奥が深いトレラン、やっぱりいいね♪

阿蘇中止でやる気なくしてたけど、もうちょっと頑張ってみるかぁ~♪♪

 

ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。

UTMB2019冒険記の目次

UTMBを目指す市民ランナーの為の記事。レースの様子、シャモニへの行き方、宿泊、必要費用などについて、2019年参戦したことを書いています。興味あれば覗いてみて下さい♪

https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000