健脚ラボ

Trail runningと旅が好きな人のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

【トレランレース調べ】HURT100:ハワイ×超タフ=毎年出たい⁈

ハワイ/オアフ島の100マイルレース、HURT100 (Hawaiian Ultra Running Team's 100 mile endurance trail run、ハート100)。常夏のリゾート地ハワイのトレランレースなので、ご存じの方も多いと思います。

このHURT100についてよく目にするのは、「極めてタフ」、「周回コースを5周」、「低い完走率(30%台)」などなど、目まいがするようなキーワード達。

自分には無理無理、絶対無理。どんなレースか、踏み込んで知ろうとしていなかった。

しかし、先日、Dogsorcaravanのポッドキャストで、今年2022年のHURT100の話を聞いた。これがあまりに楽しくて、思わずくぎ付け。

HURT100にめちゃ興味が出たので、レース基本情報とポッドキャストで琴線に触れたことを、備忘として残してみました。

1.HURT100 レース基本情報

毎年1月、常夏のハワイで開催される100マイルレース。熱帯雨林のジャングルを舞台としたコースは、極めてタフでテクニカル。アメリカで最も厳しいトレイルレース”ハードロック100”、これに次ぐハードレースと言われている。

①基本情報(2023年情報に更新)
  • 距離:100マイル(約160キロ)/1周20マイル(約32キロ)のY字型コースを5周
  • 累積標高差:24,500 フィート(約7,400m)/最高標高570m
  • トレイル率:99%
  • 制限時間:36時間
  • 参加資格:18歳以上 (レースポイントの要件はなし)
  • 参加費:325 USD(約41,500円@128円/USD T_T)
  • 参加人数:136人(抽選枠118人、前回上位者枠6人、大会関係者枠10人+2人)

注:2024年から50マイル(約80キロ)以上のレース完走が資格条件に追加の予告あり。但し、2023年は免除

2023年のスケジュール(大会HPより抜粋)

今年2023年の申し込み~レース日までの日程を、大会HPより抜粋。

  • 2022年07月26日 申し込み開始
  • 2022年08月07日 申し込み終了
  • 2022年08月20日 抽選
  • 2023年01月14日 レース開始
  • 2023年01月15日 レース終了
③抽選方法

抽選枠118名は以下の3カテゴリー毎にそれぞれ割り当て人数があるようです。これも大会HPより抜粋。ちなみに、2022年より変更された枠組みのようです。

  • カテ1:常連(HURT Veterans) 18 人/HURT100を3回以上完走した人
  • カテ2:繰り越し(Wait Listed)40 人/1~3年落選しているHURT100未完走者
  • カテ3:(Everyone else) 60 人/上記カテゴリー1、2以外

カテゴリー3の初めて枠が、50人から60人に増枠♪

④コース概略

コース上のエイドは3か所(ネイチャーセンター、パラダイスパーク、ヌアヌ)。コースは、このエイドを起点とした3ルートの周回(Leg 1 →Leg 2→Leg 3)。これを5周。各エイドにドロップバッグを置けるようです。

  • Leg 1 : Nature Center(ネイチャーセンタ)→Paradaise Park(パラダイス パーク) 約7.2mile(11.5km)
  • Leg 2 : Paradaise Park (パラダイス・パーク)→ Nu'nanu (ヌアヌ)約5.4mile(8.6km)
  • Leg 3 : Nu'nanu (ヌアヌ)→  Nature Center(ネイチャーセンター)約7.4mile(11.9km)

参考に大会HPのリンクを貼ります。このHP中の「Book of HURT」に、上記以外にコース図はもちろん、気温・降水量・いのししや蚊などの情報も丁寧に書いてあります。

https://hurt100.com/wp-content/uploads/2022/04/BookofHURT2023.pdf

2.ポッドキャスト 備忘メモ

さて、先日(2022.01.23)放送された、Dogsorcaravanのポッドキャスト”Run the World"、「星野由香里さん、今年のHURT100について聞く」。レース1週間後の記憶が鮮明な生き生きとした内容に加え、HURT100完走経験がある詳しいN氏とのトーク。HURT100愛があふれ、とても楽しい放送でした。折角なので、気になったことをメモしてみました。

  • ハワイの雰囲気が最高!
  • ホスピタリティにあふれている
  • エイドで、ごはんとみそ汁♪ そして、お餅も
  • スタート地点のネイチャーセンターは、市街地からめちゃ近い
  • 路面のマッド感、周回を重ねる毎に耕されて、走りにくくくなる
  • 木の根っ子や岩などの多いテクニカルなコース
  • 所々に油断すると落ちそうになるところもあり
  • フラットな箇所がほとんどなく、終始気が抜けない
  • KOUMI100(周回コース5周)の1.5倍ぐらいタフに感じた
  • コースとしては、関東の天狗(?)のイメージに近い。
  • 川渡りが1か所あり全部で10回(往復2回/周x5周)通過。ここで足が濡れたために、肉刺ができて辛かった。
  • ストックを使うとリズムが崩れる。使わないor最後5周目だけ使うのが良いかも。

Dogsorcaravanのポッドキャストのリンクは以下。番組は約1時間。

dogsorcaravan.com

3.HURT100のYouTube

HURT100のYouTube動画を2つ添付。ジャングルを舞台としたレースの様子に、ワクワクさせられました。

動画1:レースの様子を知りたい方はこちら↓↓ 約8分

www.youtube.com

動画2は、主催者メンバーのHURT100誕生までの語りと、レースの様子の動画。冒頭付近(2分過ぎ)のセリフが印象的で、こちらも添付しました。レースの様子は12分過ぎから。

「ハワイと言えばビーチ、オーシャン、サーフィン。でもトレイルやジャングルも最高なんだよ」

動画2:HURT100ができるまでを知りたい方はこちら↓↓(約40分)

www.youtube.com

4.まとめ

以上、HURT100 トレイルレース調べの備忘メモでした。

いろいろチェックしていると、HURT100は、ハワイの雰囲気と超タフなコースを兼ね備えて、かなり魅力的。

HURT100 楽しい♪ 毎年出たい♪♪ 

参加者にそう言わせるのも、分かる気がしますねぇー。

ポッドキャスト談によると、主催者の意向として、まだ走ったことのない人に来てほしいらしいので、とりあえず申し込みだけしてもいいかも。

しかし、KOUMIの1.5倍タフってのは、どうなんでしょう。。ウルトラ系レースの話を聞いていると、感覚が麻痺してくる(汗

ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。

UTMB2019冒険記の目次

UTMBを目指す市民ランナーの為の記事。レースの様子、シャモニへの行き方、宿泊、必要費用などについて、2019年参戦したことを書いています。興味あれば覗いてみて下さい♪

https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000

雑記ブログを始めました(2022.Jan~)

https://tmo2596.hatenablog.jp/