健脚ラボ

トレランと旅と読書。冒険の扉を開けて挑戦や。何をクヨクヨ悩んどんねん!!

UTMBの賞金とアマチュア精神

UTMBの上位入賞者には賞金がでるんですね。ボクは賞金制度があることすら、知りらなかった。。。

最近見た記事で、UTMBの賞金導入のことについて、触れられていたので、ちょっと調べてみました。

フルマラソンの優勝賞金

比較として、フルマラソンの優勝賞金。

世界の賞金ランキング(上位9レース)は以下らしいです。

2019年情報

  1. ドバイ  約2,200万円 
  2. ボストン 約1,650万円
  3. シカゴ  約1,100万円
  4. ニューヨーク約1,100万円
  5. 東京 1,100万円
  6. ベルリン 約900万円
  7. ソウル 約900万円
  8. ロンドン 約600万円
  9. ホノルル 約400万円

マラソン大会の優勝賞金ランキングTOP9 - RUNNAL[ランナル]

賞金数億円のゴルフやテニスと比べて、個人的には桁が少ない感じ。 競技人口はそこそこ多いと思うのですが。

UTMBの優勝賞金

世界中のトレイルランナーが憧れるUTMB、2018年から賞金が導入されています。その優勝賞金は、なんと、約26万円(2,000ユーロ@130円/ユーロ)。

dogorcaravan.com

先に紹介したマラソンに比べ、額が少ない(驚)。

レースの名古屋ですがさからすれば、フルマラソンの数倍多くてもいい気がするの、レースの参加者人数の違いかなぁ~(泣)。メジャーなフルマラソンだと参加者は3万~5万人、UTMBは、100マイルで約2,500人。 トレイルへの負担もあるし、参加人数は増やせないよね。

UTMBのアマチュア精神についての記事

最近目にしたのが、UTMBのアマチュア精神に関する2019年の。UTMBの賞金記事制度は、エリートアスリートを呼んで好循環を生むために、導入されたんだそうです.

"トレイル界のスーパーボール(Super Bowl of trail raceing)"であるUTMBにしては、レースの賞金額が低いんじゃねぇ?(意訳)、っと、この記事にも書かれてありました。

タイトル:UTMBとウルトラトレイルのアマチュア精神問題について

www.outsideonline.com

 記事によると、賞金額を抑えている理由として、以下が書かれています。

  • アマチュア精神の尊重、美徳化(大金を手にしたら、過酷な事をしなくなる?)
  • ドーピングなどの不正防止

一方、違う視点で、現在のトレランレースが、白人を中心とした運営が前提となっており、スポンサー等への影響など、商業的な面への影響を避る為ではないかと指摘。つまり、賞金額を増やすと、マラソン同様、ケニアやエチオピア勢が上位を占しまうのを懸念している(その結果、スポンサーが付かなくなる)、との見方もある、てなことが書かれてあります。

4.個人的な感想 

 今回、記事を読んで、複雑な背景がありそうな事が分かりました。しかし、世界中のトレイルランナーが憧れるUTMBの賞金、低すぎ~と思うのはボクだけ? せめて賞金はフルマラソン並みはあってほしいなぁ~っと個人的には思います。
 フルマラソンではまだ存在感の薄い中国勢が、トレランでは最近躍進しいるし、フルマラソンのように、これからケニア勢が進出してくるのかも。今後、トレランの世界勢力構成がどうなっていくのでしょう。賞金が増えれば、ララムリ族が本格的にトレランへ参入してきて、レースを席捲、とかなれば、それはそれで面白いかも(笑)。発展途上のスポーツなので、今後の成り行きが楽しみです。

f:id:TMO2596:20201201062254j:無地

5.まとめ
  1. UTMBの優勝賞金額は約26万円(2018年時点)これは、フルマラソンの優勝賞金額(最高:約2,200万円)と比べて、とても低い。
  2. UTMB賞金が低い理由として、アマチュア精神を重視する主催者の意向がある。
  3. 一方、白人中心の運営を保ちたいため、との憶測もある。

本BORN TO RUNでは、ララムリ族が賞金稼ぎで、トレランレースに出ている、とのくだりもありましたが、いくらもらっていたんでしょうね~

ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。

 

UTMB2019冒険記目次

UTMBを目指す市民ランナーの為の記事。 レースの様子、シャモニへの行き方、宿泊、必要費用などについて書いています。興味あれば覗いてみて下さい♪

www.kenkensblog.info