健脚ラボ

Trail runningと旅が好きな人のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

へこんでいる時に読みたくなるトレイルランナーの本

気持ちが落ちている時に、読みたくなる本。「トレイルランナー ヤマケンは笑う」。ボクにとって、元気が出る一冊です。今回、仕事でへこんでいたので再読。2015年発行なので、読まれた方も多いとは思うのですが、少し紹介してみます。

トレイルランナであるヤマケンこと、山本健一さんの本。当時の高校教師の生活や、トレランを始めたきっかけ、レースに向けた取り組みなどのエピソードが、書かれています。ヤマケンさんの、トレランに対する考えがシンプルで、とても読みやすい。そして挿入写真の絶景とヤマケンスマイルから元気をもらえる。

トレランを純粋に楽しんでいるなぁ~、って文章が、レースのエピソードの中にたくさん出てくる。他のアスリートと視点が少し違う。だから、読むのがとても楽しい。

  • 走る事に対する見返りを求めるのではなく、純粋に走ることそのものを楽しむ
  • 出場している選手はみなライバルでなく、共にゴールを目指している同士
  • レース中に一緒に走っている人と話すところが面白い
  • せっかくこんなところにまで来ることができたんだから、気持ちよく走ればいい

トレランへの思いに共感

  • トレイルランニングは幸せになれるスポーツなのだ
  • トレイルランニングは最高に自由で、涙が出るくらい幸せなスポーツだ。
  • 世界中の人がトレイルランニングを始めたら、世界は間違いなく平和になる

100マイルレースに強くこだわる

  • 100マイルの中に、人生の機敏が凝縮され、物語となって編なまれている。
  • 100マイルは別のスポーツ。より自由により自分が楽しむために走るもの。
  • やりきるという強い気持ちがなければ、100マイルは完走するだけでも大変なレースだ

そして、お山をますます好きにさせてくれる

  • 今まで知らなかった未知の自分に、山の上では出会うことができるはず。

f:id:TMO2596:20201217054812j:plain

今回、特に琴線に触れたのは、この文章。

「今、自分に起きていることは、すべて必要なこと」

ヤマケンさんが怪我で入院して自棄になっていた時に、人からかけられた言葉として紹介されています。よく目にする言葉ではあるんですが、ボクが仕事で少々へこんでいたので、ちょっと頑張ってみるかぁ~と前向きな気持ちになれました。

1回目読んだ時には印象に残らなかったんですが、読む時の心の状態で、引っかかる文章が違ってくる。読書は楽しい♪

トレイルランナー ヤマケンは笑う

トレイルランナー ヤマケンは笑う

  • 作者:山本 健一
  • 発売日: 2016/03/04
  • メディア: Kindle版
 

 ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。

UTMB2019冒険記の目次

UTMBを目指す市民ランナーの為の記事。レースの様子、シャモニへの行き方、宿泊、必要費用などについて書いています。興味あれば覗いてみて下さい♪

https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000