健脚研究会

Trail runningと旅が好きな人のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

ロングトレイルに興味を持ったきっかけ本/世界10大トレイルに胸躍る

「世界7大トレイル」ってどこか分かりますか? 先日”ジョン・ミューア・トレイル”に関する本の事を書いた後、ロングトレイルに興味を持つようになった本を、思い出した。世界の魅力的な10か所のトレイルを初めて知りドキドキさせられた本、今回そんな一冊を紹介します。

www.kenkensblog.info

紹介する”きっかけ本”は、「シェルパ斉藤の世界10大トレイル紀行」(斉藤政喜著)。著者は、”シェルパ斉藤”のペンネームをもつ紀行作家。「BE-PAL」誌などアウトドア雑誌で長期連載もされています。

本の内容ですが、世界7大トレイルと、その他3か所のロングトレイルを合わせ、10か所のトレイルの紀行文。キャンプ道具を入れたバックパックを背負ったスタイルの著者が、毎年1か所のペースで、約10年かけて歩いた記録。どのトレイルも特色と魅力にあふれ、ワクワクする。また、ふんだんに掲載されている写真がいい。風景がどれも絶景なのはもちろん、セルフで撮った著者の自然な笑顔が、とても楽しそうで、写真を見るだけでもハッピーな気持ちになれます。

世界7大トレイルは、別に決まっている訳ではないみたいですが、本書では、米国の雑誌に「The world's best 7 trails」として紹介されていた7つのトレイルを、取り上げています。その他3つのトレイルを加え、本書で紹介している10トレイルの場所は以下。上から7つが、世界7大トレイル。各トレイルのキャッチーな言葉を、本書から拾って、横に書いてみました。なかなか個性豊かなトレイルです。

  • アンナプルナ・サーキット(ネパール):名峰アンナプルナ山群一周コース
  • オートルート(フランス):モンブランからマッターホルンまでのアルプスの旅
  • インカ・トレイル(ペルー):インカ帝国時代のマチュピチュまでの街道
  • ミルフォード・トラック(ニュージーランド):世界一美しい散歩道
  • トーレス・デル・パイネ・サーキット(チリ):パタゴニアの魅力的なトレイル
  • シミエン・トレイル(エチオピア):標高2000m超えエチオピアの高原トレイル
  • アパラチアン・トレイル(アメリカ):アメリカ人の憧れ、心のふるさと
  • クングスレーデン(スウェーデン):王様の散歩道
  • ウエストハイランド・ウェイ(スコットランド):変化に富む長距離フットパス
  • グレートオーシャン・ウォーク(オーストラリア):世界一美しい海岸線

世界地図に場所をプロット(丸ピンク)

f:id:TMO2596:20210406215536p:plain

また、おおらかで陽気な海外の人とのふれあいがいいんです。各地のトレイルで出会うハイカー、数日間を一緒に過ごしたトレッキングツアー客、現地で雇ったガイド、それぞれのエピソードが素敵で、時にじ~んとくる。人との出会いを大切にし、未知の世界に胸をときめかせ、旅を楽しむ。そんな著者の人柄がしのばれる。本の最初と最後に、ペンネームの由来や、著者が今の活動を続けることにした原点の話なども、紹介されています。

f:id:TMO2596:20210406170519j:plain

最後に著書のあとがきから、気に入った文章を記載。

「事情がわからない未知の世界だからこそ、おもしろいんじゃないか。ぬるま湯に浸かっていては先に進んでいけない。外の世界へ扉を開くことが旅なんだ。」

「誰にでもできるけど、あなたしか体験できないドラマが旅先で待っている。いい旅を。いい出会いを。」

う”~ぅ、、ワクチンパスポートが早く欲しい!すぐにでも旅に出かけたい!

でも、その前に、ソロキャンプの練習をしなきゃ。。。

シェルパ斉藤の世界10大トレイル紀行  The World's Best 10 Trails

シェルパ斉藤の世界10大トレイル紀行 The World's Best 10 Trails

  • 作者:斉藤政喜
  • 発売日: 2012/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。

UTMB2019冒険記の目次

UTMBを目指す市民ランナーの為の記事。レースの様子、シャモニへの行き方、宿泊、必要費用などについて、2019年参戦したことを書いています。興味あれば覗いてみて下さい♪

https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000