健脚研究会

Trail runningと旅のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

UTMB2019冒険記2:UTMBのコースとか関門時間について思うこと

 UTMBのコース概要

 タイムよりも完走重視なランナーのUTMB2019冒険記です。

 

UTMBのオフィシャルガイドには以下が書かれています。

意訳

UTMBのコースはとってもタフですよ。だって、2,000m級の山を7回も超えるし、夜間・風・寒暖・雨・雪など気象も過酷。十分な訓練と適切なギアを備え、万全の状態で臨んでくださいねぇ。

原文

UTMB is very tough mountain race because of 7 times passages over 2,000m altitude and difficult weather conditions (night, wind, cold, rain or snow). We needs a very good training, adapted equipment and a real capacity of personal autonomy.

 

コースプロフィール図 赤線は標高2000m

f:id:TMO2596:20200505193701p:plain

UTMBについては、すでに多くのランナーが書いた過酷な体験記事がたくさん。これらの記事を読むたびに、不安からマイナスの想像がどんどん膨らみ、どうしたらいいちゃろ?って不安になってませんか?事実ボクも、UTMBに当選してから不安だらけでしたねぇ~。

 

UTMBを走ってみて、コースや関門時間について思うこと 

UTMBのコースは、確かに日本で経験できない長いなが~い登りと下りがあって、しかも100マイル。UTMBオフィシャルの説明通り過酷な気象変化への対応も必要。

だけども、UTMBへの参加ポイントを得る程の力量のあるランナーなら、十分完走できるコースと関門設定なんだよ~って伝えたい。

UTMBに参加してみて、以下のように思っている。

  1.  UTMBのコースは、現地のトレッキングコースで、ツアーだと1周を約10日かけて巡るそうです。なので、岩場とか鎖場などのテクニカルな区間はなく、至って走りやすい(歩きやすい)。
  2. UTMBの関門時間は、早歩きを続ければクリアできる設定。下りはジョグ程度、平地は早歩き、登りはたんたんと歩き、で完走でる。但し、前半のU3(Les Contamines)までの関門が厳しいので、スタートからU3まではペースアップが必要な点は注意。
  3. 登りを強化するトレーニングは重要。山が大きい。傾斜約15-20%の登り坂が2-3時間続く区間が多々ある。登りへの免疫を高めておかないと心が折れそうになる。
  4. 高地トレーニングは不要。標高約2,500m程度では高山病や空気が薄いと感じることはない。
  5. 寒暖差対策はしっかり準備。スタート地点のクールマイヨールの標高が約1,000m。日中30℃近くまで気温が上がり、夜間で約15℃。標高2,500mの山頂だと夜間は約5℃近く。UTMB2019の天候はおおむね快晴で助かったけど、天候が悪いと気温はさらに低いく、それに備えておく必要あり。
  6. 空気が乾燥している。日本より湿度が低く汗を感じず水分補給がおろそかになりがちなのは要注意。欧州の気候の違いを感た。
  7. 日陰がない区間が多い。林や森の区間が少なく、特に日中は日差しを遮るものがない区間を通過する。日焼け止めなど対策が必要。

 

f:id:TMO2596:20200505193855j:plain

 UTMBを目指す人、ぜひ冒険の扉をノックしてみて下さい♪

 

UTMB2019冒険記の目次 https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000

 ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。