健脚研究会

Trail runningと旅のブログ。次の冒険に向けて今日も走る♪

香港HK100 : レース概要・参加日程・参戦費用など@2017.01.14

香港HK100のレース概要、参加日程、参戦費などをまとめてみた。

香港HK100のバーチャルイベント2021、HK100 Flex、の事を書いていたら、2017年に参戦した時のことにも触れたくなった。とは言え、HK100のレース報告はネット上にあふれているし、ボクの記憶もあやふやになっているので、基本情報(レース概要、参加日程、参戦費用、おすすめポイント)などに絞って、ちょっと書いてみました。

0.HK100について

UTMBの参戦を夢見ていた2016年頃、いきなり欧州のレースに参加するのは、アウェー感満載で怖いので、UTMBボッチ対策として、どっかの海外レースを経験しようと思っていた。アジアのレースは、比較的アクセスがし易く、費用も、地方から関東のレースに参加するのと余り変わらない、などハードルが割と低い。そんなこともあって、ボクの初海外レースとして、HK100を選んだ。日本でトレイルレースが無い1月開催で、ITRAポイント5をゲットできるのも魅力(失敗しても、春以降の日本の大会でリカバリーできる)。

で、参戦してみた感想は、めちゃ楽しい♪の一言。日本と違う欧州的な文化にドキドキ、アジア的な似た文化にほっと安心。そんな多様な楽しみがあるレースだった。日の丸付きゼッケンもなんか嬉しい。現地の沿道の方から、カタコトで”ガンバッテ”なんて声掛けられたりする。完走率も高く、日本人も多く参加していて安心。レース後は、時間があれば、プチ観光もできる余裕の日程。

こんな感じのHK100。海外レース経験としても、おすすめです。

1.HK100の基本情報

香港の人気レース、VIBRAM HK100。毎年1月に開催され、Ultra Trail World Tourの開幕戦。フルとハーフ(2020年新設)の2カテゴリーがあります。

フルの概要

  • 距離 103km
  • 累積標高差 5,300m
  • レース難易度 310 (ITRAのFinisher criteria)
  • スタート 毎年1月中旬 午前8時
  • 制限時間 30時間
  • 参加者  1,800名
  • 参加資格 なし
  • エントリ費 1,500 HKD(約20,000円) + チャリティ100 HKD(約1,500円)
  • 完走ITRAポイント 5ポイント

HK100の情報リンク:Vibram Hong Kong 100 - ITRA

(HPに2021年バーチャル情報しかないので、ITRAの情報で代用 2021年1月時点)

コース図と標高図(2019年) 80キロ付近からの夜景が最大の魅力

f:id:TMO2596:20210117204008p:plain

2.参加日程

 レース含めて3泊4日。ゴールは3日目の午前中。午後から観光の時間が取れる。早く帰国が必要なら、フィニッシュ地点は空港にも近いので、3日目の夜便での移動もできそう。

f:id:TMO2596:20210117212333p:plain

スタートとフィニッシュの会場が、香港市街から遠いので、アクセスに不安だったけど、シャトルバスがあるので安心です。行きは香港市内からスタート地点まで、帰りはフィニッシュ地点から最寄り駅まで(但し費用は若干必要)。

3.参戦費用(2017年時のデータ)

 エントリー費用とフライト費を合わせ、特典航空券の利用して約6万円でした。一般チケットだと+5万円前後が必要。

f:id:TMO2596:20210117211551p:plain

4.HK100おすすめポイント3つ

近い・安い以外にも、HK100をおすすめしたい理由はいろいろとありますが、今回、3つ上げてみました。

①高い完走率と日本人参加者の多さ

完走率は約84%。100キロで制限時間30時間と、設定はゆる目。

f:id:TMO2596:20210117214948p:plain

日本人約120名、香港、中国に続き、3番目に多い。

f:id:TMO2596:20210117215005p:plain

②多様な参加賞

参加賞がいろいろ。実用的なものが多い。Buffやパーカーは良く使ってます。また、24事案に完走すれば、完走トロフィー(高さ20m弱)♪ 金賞:16時間以内、銀賞:20時間以内、銅賞:24時間以内。金メッキの人は同じで、前面に貼られているプレートの文字が違うだけ(Gold, Silver or Blonze Award)。

f:id:TMO2596:20210117222233p:plain

③絶景夜景

約80キロ地点にある中心地に近い山を、夜中に通過。ここから眺める香港の夜景は感激。当日は、夜景が見られる時間帯に通過することを、モチベーションにして、きつくても休まず動き続けた。写真はiPhone。

f:id:TMO2596:20210117222305j:plain

 RUN+TRAIL アジア特集、表紙は香港HK100 

RUN+TRAIL (ラントレイル) Vol.35 2019年 3月号 [雑誌]

RUN+TRAIL (ラントレイル) Vol.35 2019年 3月号 [雑誌]

  • 作者:三栄書房
  • 発売日: 2019/03/04
  • メディア: Kindle版
 

当時を思い出していると、また香港に行きたくなってくる。最近抽選倍率が年々高くなり、なかなか当選しないらしい。なので、今年2021年のバーチャルイベントで、抽選券が1枚プラスされるのは、ちょっと魅力です。

なお、今回書いている内容は、 2017年の経験を元にしています。情報が古いかもしれないのですが、参考になれば幸いです。  

UTMBボッチ対策の記事

www.kenkensblog.info

ご意見・ご要望はお気軽にコメント下さい。

では、また。

UTMB2019冒険記の目次

UTMBを目指す市民ランナーの為の記事。レースの様子、シャモニへの行き方、宿泊、必要費用などについて書いています。興味あれば覗いてみて下さい♪

https://www.kenkensblog.info/entry/2020/05/01/000000